www.eqibodyworks.com

.

.


大部分の自動車保険の会社は親切とコマーシャルをしますが乗用車の事故に巻き込まれた場面で実際にきっちりと処理してくれるか気になります。特にコールセンターで加入する事が出来る通販型自動車保険と称される実際の店舗をがない自動車保険会社では顔が見えないことも不安材料となるかもしれません。そうは言ってもダイレクト型自動車保険と現実のお店を持つ車の保険会社の対応策に特に大きな差はありませんし、ダイレクト型自動車保険のほうがコストがかからない分保険掛金が低く抑えられているので車の事故にあわなければ掛金を低くすることが可能なのです。それでは自動車保険の会社において対応策に違いがあるのかないのかどうかといえば、答えはイエスです。その相違は店舗型の自動車保険ダイレクト系自動車保険という差ではなく各保険会社によって事故処置をする時間や曜日が別になることが挙げられます。自動車事故はどんな状況でするか予想できませんので受付は1年中応じてくれるのは必須の条件でその上で休みの日や夜遅くに起こってしまった事故対応がきちんとされているのかを確認してみることが重要です。中にはいつでも事故の受付という場合でも受付時間が平日と違いがあり切り上げられる保険会社もありますので注意が重要です。別の話として、もしかしたらを想定して自動車の保険の会社の拠点もしっかり調査しておくことも大事です。いくら自動車保険会社でも事故対応拠点が遠ければ処置がすぐに行えない場面もあったりしますので自宅の近くに拠点が存在するかを事故対応の違いを評価する目安の一つです。大型の保険会社は地域ごとに拠点があることもあるので事故対応も質が高くその状況で行わなければならない事故処置も指示してくれると評判が高いです。