www.eqibodyworks.com

.

.


自動車事故があった場合あなたが交通事故の被害者の場合でも、事故を起こした方が責任を少しも納得しない状況はたくさんみられます。わざとではなくちょっと気が抜けて相手の自動車を激突された状況などに、そうした言い合いに結果なってしまう可能性がありえます。とは言ってもそのまま車のみの「物損」片付けられて数ヵ月後に体の痛みが現れた時に、診てもらった病院の診断書を提出するというのは遅れを取るとなるのはしょうがなくなります。それでは自動車事故の過失割合の取り決めにはどういう物差しが設定されているのでしょうか?正しく説明しますと警察が決定するのは核として車での事故の大きな手落ちがあったのはどちらのドライバーかという事柄であって過失の割合ということではないのです。もっと言えば、最終的に決められた事故責任者が警察から公表される場面はないです。どちらに何割過失があるのかは事故当事者の交渉の結果で明確にされ、その事が賠償の算定のベースになります。この際に、関係者全員が自動車任意保険に加入していない場合は両方が直接調整しなければなりません。ところが、当然の事ながらそういった調整では、非論理的な押し問答になるケースが多くなります。お互いの意見に相違があれば最悪、裁判所にまで入りますが、これでは年月とコストかなりの負担は避ける事が出来ません。概ね、事故に関係する人に付く保険会社、両者の自動車の保険の会社に交渉を全て任せる手立てを用い、適切な過失の割合がどうなのかを丁寧に決定させます。そういった時には保険会社は、それまでに起こった自動車事故の裁判によって導きだされた結果から算出した基準、判断例などを参考に、推測と話し合いを行って過失の割合を決めます。とは言え車の事故の例では、巻き込まれてしまったのか他者を巻き込んでしまったのかに関わらず第1に警察に電話するのが原則です。その後自動車の保険会社にやり取りをして、その後の協議を一任するのが順序となります。この順序さえ把握していれば、両方の堂々めぐりの水掛け論への展開を未然に防止できるに違いありません。